千田愛子
創業1624年の唐紙屋『唐長』11代目当主千田堅吉の長女。唐紙師である夫トトアキヒコと共に、 唐長を世界と後世に伝えるための活動をしている。当主自らが唐長のDNAとしての色感覚を一番受け継いでいると認める感性を活かし、現代の暮らしに合う唐紙の在り方を提案。2004年COCON烏丸内ショップのKIRA KARACHOブランドのプロデュースをスタート。2011年11月阪急うめだ本店1階にKIRA KARACHOショップをオープン。
[雲母唐長]KIRA KARACHO online shop


New Entries
Archives
Categories
Profile
Admin
SENDA AIKO|KIRA KARACHOのある暮らし
Seach this site
PROFILE
千田愛子
創業1624年の唐紙屋『唐長』11代目当主千田堅吉の長女。
唐紙師である夫トトアキヒコと共に、
唐長を世界と後世に伝えるための活動をしている。
当主より唐長のDNAとしての色感覚を一番受け継いでいると認められる。
幼少期より培われたその類希なる色彩感覚により、
唐長の新境地として従来の壁紙、襖紙の世界からカードの世界を開拓。
10代の頃から発表し続けている千田愛子の唐紙カードの世界は、
幅広い世代、そして海外でも好評を博している。
その感性を活かし、KIRA KARACHOのある暮らしをテーマに、
先祖から代々大切に受け継がれてきた文様を紙以外の素材へ表現し、
バッグやポーチ、ストール、ハンカチ、スマホケースなども発表。
2011年11月より阪急うめだ本店1階にKIRA KARACHOショップをオープン。
唐紙師として唐紙制作はもちろんのこと、唐紙の世界を伝えるために
TV,CM,雑誌,ラジオなどにも多数出演。
2012年JR京の冬の旅キャンペーンに選ばれ、
全国のJR駅構内、車内にポスターが貼られ話題を呼んだ。

主なTV,CM出演
a life
アシタノカタチ
NHKおしゃれ工房
NHK連続テレビ小説
京都専科
三都物語CM
趣味Do楽

主な広告
JR京の冬の旅ポスター

主な掲載誌
I'm home
25ans
VOGUE ITALIA
VOGUE JAPAN
美しいキモノ
ELLE DECOR
Casa BRUTUS
家庭画報
きものサロン
クロワッサン
GQ 中国版
STORY
Domani
BAILA
Harper’s Bazaar
FIGARO japon
婦人画報
Precious
Pen
ミセス
LEE
和樂
(五十音順)


トトアキヒコとの夫婦合作作品について

2009年 作品「Inochi」 MIHO MUSEUM収蔵
2010年 作品「イノチノヒカリ」 護王神社に奉納
2012年 作品「いのち」 I•M•ペイ氏の建築物エントランスロビー
2012年 フランスLes Sapins de Noël des Créateursへ日本代表として出展
クリスチャン•ディオール、ジャン=ポール•ゴルティエ、ルイ•ヴィトンなどと共に展示される。